メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

ホーム > 企業情報 > ごあいさつ

ごあいさつ

新たな事業再建に向けて

 私たちカンタツは、創業以来、常に新しい市場を求めて未開の海に漕ぎ出し、VTRメカユニット、プロジェクターメカユニット、デジタルカメラ、監視カメラ、携帯電話カメラ、スマートフォンカメラ等の主要部品を手掛けることによって、メカニカル技術や光学技術を手に入れながら、これらを更に醸成させ培った技術力を武器に、近年マイクロレンズの市場で先端的高品質な製品力を誇り、お客様からの絶大な信頼のもとに事業を継続してまいりました。
 しかしながら、昨年度に明らかになった社内での不正行為により、お客様、お取引先様及び関係各所に多大なご迷惑をおかけすることになってしまいました。

 加えて、米中貿易摩擦やコロナ禍の影響と、ものづくりの脆弱性が表面化することによって、カンタツは大きな業績不振に陥り、事業の縮小を余儀なくされるというかつてない重大な危機に直面しております。
 私たちはここで襟を正して猛省し、コンプライアンスを誠実に遵守した正しい会社経営のもとで、この状況を真摯に見つめなおし、カンタツを健全な企業として立て直さなければなりません。
 私たちは、カンタツの再建に向かって、今、事業の選択と集中による抜本的な構造改革を図り、一部事業の譲渡という思い切った鉈を振るい、譲渡先との技術融合によるレンズ事業の拡大を目指して、地盤を固め、根幹を鍛えなおす重要な作業に邁進しております。
 現在、主力とするスマートフォン市場は、急拡大から安定成長期に入りましたが、カメラの搭載数は年々増え続けており、広く映像技術の世界ではAR、VR等が発展し、社会にデジタル情報が溢れる中で、自動車、テレビ、ロボット、ドローンなどへのカメラの需要が広がっております。DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する社会への参入は、カンタツにとってまさに好機と言えます。

 私は代表取締役就任にあたり、従業員の先頭に立ち、技術力を磨きなおし、営業力を強化し、従業員の自信と活力を取り戻し、再びお客様の信頼を獲得するとともに、顧客重視と従業員及び従業員の家族が安定して生活できることをめざして、全社一丸となって、変化著しい業界の荒波に正面から立ち向かい、粉骨砕身突き進む所存であります。 
 また、私たちは、社会の一員として、目先の利益のみを追い求めるだけではなく、企業活動がどれだけ社会環境に影響を及ぼすかを長い視点で捉えて、より良い成果を生み出すことで、持続可能な社会に寄与していかなければなりません。社会環境がめまぐるしく変化する中で、私たちは、すべての企業活動を通じてSDGs達成に貢献してまいりたいと存じます。
 今後とも、皆様のご支援、ご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

portrait_210831.jpg

  • 代表取締役社長
  • name_202108.png