メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

ホーム > ものづくり > 金型製作(日本工場 須賀川)

金型製作(日本工場 須賀川)

設計開発

  • ハイパフォーマンスとハイスピードで、お客様のご希望にお応えします。
    光学設計では、蓄積してきたデータをもとに、屈折率の異なる光学プラスチック材料の特性を加味しながら、最先端の光学設計ソフトを駆使して、進化し続ける技術トレンドに対応しています。
    また金型設計では、流動解析ソフトによる成形シミュレーションのプロセスを踏まえながら、正確な非球面レンズ成形のために最適な超精密金型をデザインします。

  • 光学設計

  • 機構設計

  • 金型設計

金型製作

最先端設備によって加工される超精密成形金型、非球面レンズ金型は、製品の設計値を正確に量産に反映します。
金型はプラスチック成形の上でもっとも重要な役割を担っています。そこで、金型の製作には超精密な加工のできる機械設備が使われます。サブミクロン単位の加工能力を持つこれらの機械で、レンズの極めて微細な部分まで正確につくられます。
高性能非球面レンズの成形には、非球面レンズ金型の超高精度部品、非球面駒が必要です。これには、ナノメーターレベルの加工精度を誇る超精密非球面加工機が不可欠です。

  • マシニングセンター

  • マシニングセンター

  • 放電加工機

  • ワイヤー放電加工機

  • CNC旋盤

  • CNCジグ研削盤

  • 成形平面研削盤

  • 超精密非球面加工機

製品サンプル試作

製品サンプルの試作は、設計精度を忠実に反映し、ハイスピードで行われます。

  • レンズ成形

  • ユニット組立

超精密測定機器を取りそろえ、サブミクロンの世界を正確に評価し製品の品質を保証します。

  • 超高精度3次元測定(UA3P)

  • 寸法精度測定(NEXIV)