メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

ホーム > 企業情報 > 企業方針 > 内部統制関連

内部統制関連

内部統制システムの基本方針について

1.取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

取締役会は、法令などの遵守のための体制を含む内部統制システムの整備方針・計画について決定する。
企業倫理規程をはじめとするコンプライアンス体制にかかる規程を定め、取締役及び使用人が法令・定款及び社会規範を遵守した行動をとるための行動規範とする。
内部監査部門は、企業倫理規程に基づいているかどうかに留意し、各部門毎のコンプライアンスの状況を監査する。
また、法令違反その他法令上疑義のある行為等についての社内報告体制として、内部通報制度を運用する。

2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する事項

文書取扱規程に従い、取締役の職務執行に係る情報を文書又は電磁的媒体に記録し、適切に保存及び管理する。取締役及び監査役は、これらの情報を常時閲覧できるものとする。

3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

リスク管理規程により、リスク管理体制を明確化するとともに、内部監査部門が各部門毎のリスク管理状況を監査し、その結果を取締役に報告する。

4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

経営会議において役員及び従業員が共有する全社的な目標を確認し、この目標達成に向けて各部門が実施すべき具体的な目標及び効率的な達成の方法を会議で定める。経営上の情報の伝達・認識は、IT 技術を活用してテレビ会議等を多用し、効率化を図る。

5.当該株式会社並びにその親会社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

当社及びグループ各社における内部統制の構築を目指し、当社の内部統制部門とグループ各社間での内部統制に関する協議、情報の共有化、指示・要請の伝達等が効率的に行われるシステムの体制を構築する。

6.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

現在、監査役の職務を補助する使用人はいないが、必要に応じて、監査役の業務補助のため監査役スタッフを置くこととし、その人事については、取締役と監査役とで協議する。
監査役スタッフは、監査役の求めに応じ、誠実に職務を遂行する。

7.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制

当社及び当社グループ各社の取締役又は使用人は、監査役に対して、法定の事項に加え、会社に重大な影響を及ぼす事項、内部監査状況、重大な法令・定款違反、不法な行為に関する通報状況及びその内容を速やかに報告する体制を整備する。
当社及び当社グループ各社の取締役又は使用人は、監査役が監査に必要な範囲で、業務執行に関する事項の報告を求めたときには、これに協力する。
監査役に報告を行ったことを理由として、報告者に不利益な取り扱いは行わない。

8.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

監査役は、取締役会の他、業務執行に関する重要な会議に出席するとともに、稟議書その他重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役又は使用人にその説明を求める体制になっている。
取締役及び使用人は、監査の円滑な遂行と監査環境の整備に協力する。
監査役が、その職務の執行について費用の前払等を請求した場合は、会社は、監査役の職務の執行に必要でないと認められるときを除き、これを拒否しない。